野ブタをプロデュース

再放送

[野ブタをプロデュース あらすじ]特別編のあらすじネタバレとキャスト一覧を紹介

2005年に日本テレビ系列で放送・社会現象を巻き起こしたドラマ【野ブタ。をプロデュース。】のネタバレ情報を紹介します。

2020年4月に一部再放送となった野ブタをプロデュースの放送日は以下の通り。

 

【野ブタ】特別編は、土曜日に日テレ系で放送!

    • 4月11日(土)よる10時〜 1話
    • 4月18日(土)よる10時〜 2話
    • 4月25日(土)よる10時〜 3話
    • 5月2日(土)よる10時〜 4話

 

もし見逃してしまったのであれば、Huluで全話視聴可能です。

1週間の間であればTverで視聴することができます。(1話のみ)

初回登録の無料キャンペーンを利用すれば、お財布に優しい状態で視聴することができますよ♪

登録はこちら

Hulu

韓流バナー

huluは、月額1,026円(税込)で、動画が見放題になるサービスです。ほかの動画配信サービスと比べて、海外ドラマや国内番組が充実しています。作品名以外に、ジャンルや出演者の名前でも検索できるため、好きな作品にすぐアクセスできるのでコスパ高すぎ動画配信サービスです!

  • 2週間の無料お試し
  • 動画数5万本
  • 最高HD画質

 

この記事でわかること

  • 全話のネタバレあらすじ
  • キャスト一覧

いじめられっ子を人気者に『野ブタ。をプロデュース。』第1話

隅田川高校、2年B組の人気者・桐谷修二(亀梨和也)は自分自身を演出し周囲を盛り上げるクラスのリーダー。その修二を「親友」と言い、なにかにつけて絡んでくる草野彰(山下智久)は少し変わった性格でクラスでも浮いた存在だ。

修二は調子を狂わされるため、彰が苦手であった。そんな中、クラスに転校生がやってくる。転校生の名は小谷信子(堀北真希)。外見に無頓着でボソボソと話す暗い少女だった。信子の暗い雰囲気や人を寄せ付けぬ態度はクラスの不良グループのリーダー・坂東(水田芙美子)にすぐに目を付けられてしまうことになる。“美男美女以外立ち読み厳禁”の本屋で信子に立ち読みを強要するなど『いじめ』が始まっていく。

その様子を見ていた修二はクラスメイトの前では「関係ない」と言うが、信子を人気者にプロデュースすることを決意する。だが信子は断るのだった。信子の家庭環境は複雑で義理の父に勇気を出して「お父さん」と呼ぶも「君のお父さん」ではないと言われた過去がトラウマになり自分は変わることはできないと思い込んでいた。
そんな中、教師・キャサリン(夏木マリ)は願いが叶うという“猿の手”の3つある内の1つを手伝いをしてくれた修二に贈る。

放課後、信子もまたキャサリンから猿の手を受け取った。信子は「坂東なんて消えてしまえ」と願いをかける。

その後、修二は柳が運ばれるのを見かけ、引き抜かれ新しい場所で生きようとしている柳を見せようと思い、信子を自転車の後ろ乗せて柳の木を追いかけた。「私も大きな木になれるかな」と呟く。修二は信子の穴が開けられたネクタイにブタのアップリケを付けた。

修二は信子に『野ブタ』と言うあだ名を付けたのだ。信子は猿の手にかけた願いを取り下げ「坂東のいる世界で生きていく」と修二にプロデュースしてもらうことを決意した。

大作戦!『野ブタ。をプロデュース。』第2話

学校では、髪の長い気味の悪い女の目撃談が続出しており、“その女は信子(堀北真希)”だという噂が広まっていた。信子(堀北真希)のイジメはエスカレートする。そんな中、修二(亀梨和也)による信子プロデュースは始まり、彰(山下智久)もプロデュースに参加する。そこで修二は4つの約束事『一切口外禁止・原則として拒否不可・勝手な判断で動かない・契約を切るのは人気者になれた時、リタイヤは不可』を掲げた。
まずは噂を打ち消そうと信子に髪を切るよう指示。

しかし信子は拒否、大切にしている日本人形と同じ髪型を変えたくないというのだった。

そこで修二と彰は信子の人形の髪を切ってもらうことに。人形の髪には満足するが自分の趣味じゃないことはしたくないとまたしても断る信子。約束事を守らない信子に修二は怒り帰ってしまう。

ある日、信子の制服は「ブス」とペンキで落書きされ着れられない状態にされる。過去にも同じような経験をもつ信子は諦めていたが、修二(亀梨和也)はこの状況を逆に利用しようと考え、信子に担任の元へ私服登校の許可を取りに行かせる。

とにかく綺麗に美しくしようと作戦を立てた修二と彰は、信子を買い物に連れ出した。

おしゃれな服を買い美容院で髪を綺麗に整えた信子。翌朝、信子はさっそく綺麗な姿で登校する。

そして修二の指示通り、みんなに挨拶をして歩きます。教室に入ると騒然とするクラスメイト。

修二と彰の狙い通りになり喜んでいたのも束の間、自分で制服に落書きし私服許可を取ろうとする生徒が続出したのだ。

職員室に連日訪れる生徒たち、それを見抜いた教師・キャサリン(夏木マリ)は許可を出さない。そのことでクラスで揉め事になってしまい、信子は落書きされた制服を着てくるというのだった。そんな信子にアフリカの少年が小学生の体操服を着て幸せそうに笑う写真を見せた修二と彰。信子は「どんな服でも笑えるんだ」と勇気付けられた。

翌朝、信子は落書きされた制服で登校。そこには自分たちで落書きした制服を着た修二と彰の姿があった。その後、落書きした制服は学校中の流行りになった。

恐怖の?『野ブタ。をプロデュース。』第3話

修二(亀梨和也)は家にいた。弟・浩二(中島裕翔)が書いている作文を見つける。そこには、兄は家ではセコイのに外では人からよく見られようとカッコつけていると綴られていた。学校では自分を演出している修二は、浩二に文化祭に来ないよう釘を刺した。

翌日、クラスで文化祭の出し物を決めることに。実行委員である坂東(水田芙美子)の嫌がらせで、信子を主役にしたお化け屋敷に決定する。その他の係りも全て信子を指名し、信子をかばった彰も係りを押しつけられることに。

修二もまた文化祭の成功が信子を人気者に変えるチャンスになると協力することに。しかし修二は他の人からのお願いも断れずなかなか手伝えずにいた。他のクラスメイトは依然として非協力だが、そんななか信子を中心に3人はお化け屋敷を完成させる。

しかしその夜、何者かが忍び込みお化け屋敷を破壊していた。

翌朝・文化祭当日、破壊されたお化け屋敷を見て落ち込む3人。

信子は必ず直すと言い切り彰と作業を開始。修二も機転を効かしお客さんを体験と誘い出し手伝ってもらえることになる。そのおかげでお化け屋敷は元通りに。そこへ信子の義理の父がやってくる。食事に誘われるが冷たく断る信子…。

しかしその後、信子は自分で買ったおにぎりを持って父の乗るタクシーを追いかけ手渡した。

溝がある親子関係だが少し進展を見せた。完成したお化け屋敷だが客が来ない。修二はカップル限定という案を打ち出し客を入れ、そこで信子は「ならば最後を変えたい」と提案し変更。すると最後が良い!感動する!と出てくる人々。

その噂を聞きいれ、訪れる人で賑わい大繁盛に終わった。

修二の反対を聞かず文化祭に来ていた浩二とともに修二はお化け屋敷を回ることに。すると、信子が考えた最後には「今、手をつないでる相手と出会えたのは奇跡」だと書かれていた。―
文化祭後、修二は大変なお化け屋敷作りをこなした信子と彰にどこかでショックを受け、人気者だが自分には取り柄が何もないと不安になるのだった。

告白作戦『野ブタ。をプロデュース。』第4話

隅田川高校で年に1度の恒例行事、11月4日(イイヨの日)に全校生徒の前で“愛の告白”を行う行事が今年ももうすぐ始まる。OKされると花が、断られると水をかぶるルールである。彰(山下智久)は、修二(亀梨和也)と信子(堀北真希)に3人おそろいの手帳をプレゼントし、計画を書こうと言う。そしてその“イイヨの日”に修二が信子に告白すればいいんじゃないか!と提案。しかし修二は自分のイメージが崩れることを恐れ断る。修二は彰に誕生日を聞かれるが修二は誰にも誕生日を教えていない、適当に11月1日・今日だと答える。一方、まり子(戸田恵梨香)は気持ちがいまいちわからず掴めない修二にイイヨの日に告白しようとしていた。その後、まり子は手帳を拾う。そこには今日の日付に“修二の誕生日”と記されていた、信子が落とした手帳だった。まり子に問われる修二はそれは自分の手帳で今日が誕生日というのは弟がふざけて書いたと言い訳をした。その頃、彰と信子は修二の誕生日を祝うための準備をすすめていたが、いじめっ子・坂東(水田芙美子)が彼氏に殴られていたのを見てしまい彰は彼氏を殴り止めに入る。そして、まり子もまた修二にケーキを用意していた。だが修二は勿体ないから持ちかえると言い去る。祝ってもらう事を拒絶する修二に信子は「心がこもっているから」と食べるよう勧めた。その後、坂東の指示で修二に告白することになる信子に、修二は水がかかることになると伝えていた。そんな修二が気に入らない様子の彰は、その夜このまま黙ってはいられないと修二の家へ行き瓦を割って脅すのであった。そして11月4日“イイヨの日”。彰の説得もありプロデュースのことを思うと返答に困っていた修二。しかし壇上に立った信子は、「人って変われるよね」と言い修二でなく坂東を指名する。断って水をかけると皆は思っていたが、坂東は花をふらした。坂東は間違えたと誤魔化すのだった。―
その後、3人はおそろいの手帳を落とし入れ替わって持って帰ってしまう。彰の手には信子の手帳、修二の誕生日を大事に書きこんでるのを見て、彰は嫉妬する。一方、信子の手には修二の手帳。そこには信子の告白の答えを決めるあみだくじが何度も書かれていたのだった。

悪夢『野ブタ。をプロデュース。』第5話

修二(亀梨和也)と彰(山下智久)のプロデュースにより、服装と髪型を変えた信子(堀北真希)は大変身を遂げた。だが根本的な何かが不足しているように感じた。周囲の女子に比べ信子に不足しているものは恋愛経験だと考えた修二。
そこで修二は信子と信子に恋心を持つクラスメイト・シッタカ、修二とまり子(戸田恵梨香)で、Wデートを決行する。一方、信子に想いを馳せていた彰は面白くない様子でデートの尾行を始めた。

親と子『野ブタ。をプロデュース。』第6話

度々浮上する信子(堀北真希)の悪い噂たち。プロデュースを邪魔する噂を逆に利用しようと方法を探す修二(亀梨和也)と彰(山下智久)。そこで信子が遊びで作っていた“野ブタ人形”を見て何かを閃いた様子。修二と彰は、不思議なパワーを持つ願い事が叶う人形という噂を作り上げ、占いやおまじないが好きな女子たちをはじめとし、瞬く間に人形はクラスで大流行。そこでさらなる信子のイメージアップを目指し新たにキーホルダーを作成する。そのキーホルダーがきっかけで3人の元に思わぬ大金が。父親から会社を継がせる準備をしたいから実家に戻るよう言われた彰(山下智久)だが、反発し下宿先を飛び出してしまう。どこへ向かうのかと思うと向かった先は修二(亀梨和也)の家だった。

女を泣かす?『野ブタ。をプロデュース。』第7話

修二(亀梨和也)は、彰(山下智久)が持つ信子(堀北真希)への恋心を打ち明けられた。信子が人気者になってほしくないとプロデュースを止めようと言い出した。そんな彰に苛立ちを感じながらも受け入れた修二。そんななか、信子は仲良くなったカスミ(柊瑠美)に放送部に誘われる。修二と彰に相談にし背中を押された信子は入部を決意し、彰も共に入部する。一方、修二はクラスメイトと適当な距離を取り遊ぶ、元の生活に戻った。しかしそんな生活になぜか空虚感を感じていた。急遽、信子は放送コンクールに提出する“私の好きなもの”というテーマの映像作品を作ることになった。それがきっかけで再び3人で過ごすようになる。一方、まり子(戸田恵梨香)は、そんな3人の様子に気づき始め、自分に対し曖昧な態度をとる修二の気持ちを確かめることに。

正体『野ブタ。をプロデュース。』第8話

ある日の夜、酔っ払いの男に絡まれていたOLを助けた修二(亀梨和也)。しかし駆け付けた警察官に修二が男を殴ったと疑われ、傷害事件の容疑者として事情聴取を受けることになるだった。無事に疑いは晴れるがこの事がきっかけで修二は信じてもらえない事の恐怖に苛まれていた。その頃、信子(堀北真希)は放送部で校内レポートをし、大成功させた。“昼の顔”と呼ばれるまでになり、確実に人気者への階段をのぼり出していた。そんな中で、3人組に絡まれている人を目撃する修二。だが先日の事件を思い出し見て見ぬフリをして去った。しかし翌日、その絡まれていた被害者はクラスメイトのタニ(大東俊介)だったことが判明する。修二は友人を見殺しにした冷たい人間だとクラスメイトから避けられ始める。人気者のリーダーから一転し孤独になった修二は、彰と人気が出始めた信子を気にかけ距離を置く。自分はもう誰にも信用されないと人間不信に陥ってしまう。そんな修二の元に今まで信子に陰湿な嫌がらせを繰り返していた真犯人が接近する。

友達『野ブタ。をプロデュース。』第9話

これまでの人気は嘘のようにクラスで孤立していく修二(亀梨和也)。戸惑いを隠せない彰(山下智久)と信子(堀北真希)だが、本当の姿を知っている自分たちは修二を信じようと誓う。そんな中、坂東のイジメとは別の、制服の落書きやお化け屋敷の壊すなどの陰湿な嫌がらせをしていた犯人が判明する。信子が初めてできた親友だと思っていたカスミ(柊瑠美)だった。信子は悲しみ大きなショックをうけ登校拒否になってしまう。信子の変わりにカスミが昼の放送などを担当するが不評であった。修二は信子を待つみんなの声を届けようとビデオを撮影し信子に届けた。みんなが待っている、学校においでという声をかけてくれるビデオを見た信子は翌日登校。信子が教室に入ると、クラスメイトたちは喜び、待ってたよと言う声と温かい拍手で迎えた。その中にはカスミの姿もあったが、信子への恨みが募るカスミの存在を修二は警戒する。

すべて野ブタが教えてくれた『野ブタ。をプロデュース。』最終回

修二(亀梨和也)と彰(山下智久)、そして信子(堀北真希)の関係が気に食わなっかたというカスミ(柊瑠美)。どうにか3人の関係を壊そうとしたが、3人の絆は揺るぎないものだと知らされ3人の元を去っていく。激しいショックを受けてしまった信子だが、修二と彰による励ましで少しずつ元気を取り戻していく。またクラスメイトが修二に向けていた誤解も解け始め、3人に平穏な日々が戻ろうとしていた。しかしそんな中、修二の父・悟(宇梶剛士)の転勤が決まるのだった。思いがけない修二の転校。修二と信子は、お互いのおかげで頑張れたり前向きになれたり笑ったり泣いたり楽しい青春を贈れたと感謝し合った。修二は信子のおかげで自分は変われたと伝えた。引越しのトラックに乗り旅立つ修二の電話が鳴る、「左」と言われ左を見るとそこには、信子と彰、そしてクラスメイトたちがいた。駆け寄りみんなと記念に一緒に写真を撮り感謝を伝えた。修二は再びトラックに乗り進み出す。そして信子と彰の方を振り返り「野ブタパワー注入」と心の中で言った。
修二は新しい学校へ転校初日、修二の転校先の教室には彰の姿があった。幻覚かと思ったが、なんと修二を追って昨日先に転校し、なんとヘリで校庭に降りてきたという。修二は信子が1人になってしまったと言うと、彰は信子に「修二と彰は、2人で1つ。」と言われたのだと言う。その頃、信子はまり子(戸田恵梨香)にうまく笑えているかと聞き、手鏡を差し出されていた。2人乗りをしながら空を見上げる修二と彰。彰は、この空の向こうに信子がいると言い、修二が空の中に笑ってるように見える雲を見つけた。信子は「笑えるようになったと。ちゃんと笑えるようになったよ。」と涙ながらに空を見上げていた。修二と彰は2人で1つ。修二が「俺達ってどこででも生きていけるんだな」と言い、主題歌・青春アミーゴの歌詞とリンクし物語は終わる。

 

スポンサーリンク

-再放送
-, , ,

Copyright© 無料まとめ動画.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

\おうちでドラマ♪今なら無料トライアル/
\おうちでドラマ♪今なら無料トライアル/